これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関

これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関. 远去与相逢 离情此地同 亲朋萍水客 逢坂关前逢 (找了许多翻译,最喜欢的是这个) これやこの 行(ゆ)くも帰(かえ)るも 別(わか)れては 知るも知らぬも よに逢坂の 関はゆるさじ 〔第10首/蝉丸〕 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 〔第25首/三条右大臣〕 名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな

最果タヒ(Tahi Saihate) on Twitter "百人一首の10番、「これやこの 行くも帰るも 別れて
最果タヒ(Tahi Saihate) on Twitter "百人一首の10番、「これやこの 行くも帰るも 別れて from twitter.com

【今回の歌】 蝉丸 (10番) 『後撰集』雑一・1089 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂(あふさか)の関 3月は別れの季節。卒業のシーズンです。4月からは別々の学校に進学していく学生たちや、新 […] よに逢坂の 関はゆるさじ 〔第10首/蝉丸〕 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 〔第25首/三条右大臣〕 名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟:

10 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 (蝉丸) これやこの いくもかえるも わかれては しるもしらぬも おうさかのせき (せみまる) おおっ! これかぁ! 地方へ行く人もいれば都に帰る人もいる。ここで見送ったり出迎えたりするんだね。

わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟: 天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ をとめの姿 しばしとどめむ: よに逢坂の 関はゆるさじ 〔第10首/蝉丸〕 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 〔第25首/三条右大臣〕 名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関.

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関: 远去与相逢 离情此地同 亲朋萍水客 逢坂关前逢 (找了许多翻译,最喜欢的是这个) これやこの 行(ゆ)くも帰(かえ)るも 別(わか)れては 知るも知らぬも これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関.

今回は、「小倉百人一首」収録和歌(歌番号 10番)の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・作者・出典・英訳・Mp3音声・おすすめ書籍などについて紹介します。小倉百人一首 歌番号(10) 蝉丸 これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬも逢.

【今回の歌】 蝉丸 (10番) 『後撰集』雑一・1089 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂(あふさか)の関 3月は別れの季節。卒業のシーズンです。4月からは別々の学校に進学していく学生たちや、新 […] これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関 【歴史的仮名遣い】 これやこの ゆくもかへるも わかれては しるもしらぬも あふさかのせき 【現代仮名遣い】 これやこの 行くも帰るも 別れては知るも知らぬも 逢坂の関蟬丸(せみまる)平安時代九世纪后半的歌人,出生逝世时间不详。住在逢坂山。也有传闻是失明的琵琶名手,但经历不详。出典:後撰集·雑一·1089读音:これやこの ゆくもかへるも わかれてはしるもしらぬも あふさかのせき现代读法.

これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 蝉丸(せみまる) これやこの ゆくもかえるも わかれては しるもしらぬも おおさか(あふさか)のせき これだこれ、旅に行く人も帰る人も、知っている人も知らない人も、別れてはまた出会う.

これやこの ゆくもかえるも わかれては しるもしらぬも おうさかのせき (せみまる) これがまあ、旅立つ人も旅から戻ってくる人も、いったん別れてはまたここで会う、知る人も知らない人も、ここで出会う、そういう場所、その名も逢坂の関なのだ。 原文 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関: これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関

これやこの ゆくもかへるも わかれては しるもしらぬも あふさかのせき.