自分の声を知る

自分の声を知る. 自分の音域とは、簡単に言えば 「下はどの音から、上はどの音まで声が出るか」 ということですよね。 これは一般的な音階練習の 「ドレミレド」を「マアアアア」など 発声しやすい言葉で進めていくだけ。 声を使う仕事を目指す人は まずは “自分の声の知る” ことが大切です。 あなたはどれだけ自分の声について知っていますか? よく録音した“自分の声が嫌い”という人がいますが、 声には内耳と外耳

今の自分を知る ヒーリングアートで心を癒やし、自分を丸っと愛してみませんか?
今の自分を知る ヒーリングアートで心を癒やし、自分を丸っと愛してみませんか? from ameblo.jp

自分の音域とは、簡単に言えば 「下はどの音から、上はどの音まで声が出るか」 ということですよね。 これは一般的な音階練習の 「ドレミレド」を「マアアアア」など 発声しやすい言葉で進めていくだけ。 声は人それぞれ違いますし、音域も人それぞれ違います。 プロのボーカリストでさえ、高音低音の得意不得意があるのは当然です。 ただ一流のボーカリストは、 ≪自分の声が最も魅力的に聞こえる音域≫ を. 自分の心が分からない、 自分がどうしたいのか分からないと悩むことはあるでしょう。 確かに悩む気持ちはわかりますが結論から言ってしまいますと、 自分の心なんて分からなくて当然です。 人の心というのは常に移ろいゆくものであり、1秒前と1秒後に何

声を使う仕事を目指す人は まずは “自分の声の知る” ことが大切です。 あなたはどれだけ自分の声について知っていますか? よく録音した“自分の声が嫌い”という人がいますが、 声には内耳と外耳

声は人それぞれ違いますし、音域も人それぞれ違います。 プロのボーカリストでさえ、高音低音の得意不得意があるのは当然です。 ただ一流のボーカリストは、 ≪自分の声が最も魅力的に聞こえる音域≫ を. 自分の音域とは、簡単に言えば 「下はどの音から、上はどの音まで声が出るか」 ということですよね。 これは一般的な音階練習の 「ドレミレド」を「マアアアア」など 発声しやすい言葉で進めていくだけ。 自分の心が分からない、 自分がどうしたいのか分からないと悩むことはあるでしょう。 確かに悩む気持ちはわかりますが結論から言ってしまいますと、 自分の心なんて分からなくて当然です。 人の心というのは常に移ろいゆくものであり、1秒前と1秒後に何